亜鉛は、動物性食品や全粒粉に多く含まれる栄養素です。

生命の維持や細胞の正常な分化に深く関わっており、不足すると色々な不定愁訴の原因になります。体内の様々な酵素を正常に働かせるために必須のミネラルです。

ヒトでの欠乏症が知られるようになったのは1960年代に入ってからで、1970年代には亜鉛欠乏による味覚障害も発見され、現在、入院患者さんの静脈栄養などでももっとも注目されているミネラルのひとつです。

亜鉛の分布

亜鉛が多く含まれる体の部位亜鉛は大人の体内に約2g含まれており、鉄の次に多い微量ミネラルとなっています。

前立腺、骨・骨髄、眼の脈絡膜、筋肉などにたくさん含まれており、コラーゲン合成に関わるため皮膚にも多く存在しています。

亜鉛の吸収

食べ物から摂取された亜鉛は小腸で吸収され、その吸収率は約30%といわれています。そして年齢とともに亜鉛の吸収率は低下します。吸収された亜鉛は、その多くがタンパク質とくっついて存在しています。

亜鉛の吸収を助ける因子

亜鉛の吸収を助ける因子としては動物性タンパク質が挙げられます。動物性タンパク質の摂取量が増えると亜鉛の吸収も増えるといわれています。またcppも亜鉛の吸収を助ける因子のひとつです。

※cppとは・・
牛乳に含まれている「カゼイン」というたんぱく質が変化したもの。
カゼイン・フォスフォ・ペプタイド。

亜鉛吸収を妨げる因子

亜鉛の吸収を妨げる成分としては、フィチン酸、多すぎる食物繊維、リン酸などが挙げられます。

亜鉛の効果

亜鉛は、300種以上の酵素に関わっていることが知られ、その効果は全身に及びます。亜鉛の具体的な効果は以下の通りです。

インスリンは亜鉛のおかげで安定して働けます。

  • 皮膚を守る
  • 妊娠を維持する
  • アレルギーを抑制する
  • 成長を促す
  • けがや火傷の回復を促す
  • 骨を丈夫にする
  • 味覚・視覚・嗅覚を正常にする
  • 脱毛を防ぐ
  • 精力増強
  • 前立腺障害を防ぐ
  • 糖尿病を防ぐ(インスリンの構成成分)
  • からだの酸化を防ぐ

亜鉛不足の症状

亜鉛の不足が続くといちばん出てくるのが皮膚症状です。そのほかの亜鉛不足の症状としては高齢者に味覚障害がよく見られます。しかし最近は子どもや若者の味覚障害も問題になってきています。

  • 成長が障害され、低身長となる
  • 性腺発育不全がおこる
  • 精子の形成が障害され、男性不妊の原因となる
  • 食欲不振
  • びらん、水疱、乾燥、などの皮膚症状
  • 脱毛
  • 傷の治りが遅い
  • 無欲化、情緒不安定、行動異常、記憶障害、うつ症状
  • 下痢、胃腸障害が起こる
  • 風邪を引きやすい
  • 正常な味を感じない
  • 鉄欠乏性貧血
  • 活性酸素障害が起こる

亜鉛が不足する原因

亜鉛は日本人にとって不足しやすい栄養素なのでしょうか?亜鉛が不足する原因としては以下のことが考えられます。

加工食品や精製された穀類は亜鉛含有量が低いので、これらを日常的に食べている方々にとって不足しやすい栄養素です。また菜食主義者も亜鉛は不足しやすくなっています。

このほか、クローン病、ネフローゼ症候群、中心静脈栄養を行っている場合、未熟児なども亜鉛が不足しがちです。

美肌ミネラル ~亜鉛~

赤ちゃんようなみずみずしい素肌は憧れです。その美肌にミネラルである亜鉛が関わっています。

皮膚は日々生まれ変わっています。肌が正常に新しい皮膚細胞を生みだしていくのに必要なのが亜鉛です。亜鉛は細胞の正常な分裂を促します。

皮膚の90%はコラーゲンです。良質なタンパク質・ビタミンC・鉄とともに、美肌ミネラル亜鉛、そして細胞の正常な分化を促すビタミンAも合わせて摂りましょう。

母乳と亜鉛

赤ちゃんは日々成長します。生まれてからすぐの初乳には、出産後3ヶ月を過ぎた母乳の、なんと8倍もの量の亜鉛が含まれています。

成長するとき、からだは1つの細胞を2つに、2つの細胞を4つにと細胞分裂を繰り返して、どんどん大きくなっていきます。このとき亜鉛が十分あることで細胞分裂がスムーズにいき、無事に大きくなっていけるのです。

亜鉛を多く含む食品(1食当たり使用量と含有量)

亜鉛は牡蠣・牛肉・豚肉・うなぎ・ナッツ などに多く含まれます。

食品 牡蠣 タラバガニ がんもどき
1食当たり
使用量
3個 水煮缶詰1缶 1個
含有量 4.0mg 5.0mg 1.6mg

もしかして亜鉛不足?

以下の項目をチェックしてみましょう。
多い方は亜鉛が不足している可能性があります。

症状 症状や生活パターン
皮膚が乾燥する 風邪を引きやすい
  アトピー性皮膚炎が関係する 成長期なのに身長が伸びない
(子ども)
  怪我、傷の治りが遅い   最近精力の衰えを感じる
(男性)
  抜け毛が気になる   ストレスを多く感じる
  以前と同じものを食べても、味が薄く感じる 加工食品やファーストフードを多く食べる
  爪が変形したり、割れやすくなった アルコールを多く飲む

治療の実際と改善例

栄養素の説明

オーソモレキュラー医師ブログ

十日町ようこクリニック山形県山形市、十日町ようこクリニック深瀬洋子先生のブログ

Dr.靖子のblog香川県東かがわ市、桑島内科医院桑島靖子先生のブログ

甲子園栗木皮膚科クリニック院長ブログ兵庫県西宮市、甲子園栗木皮膚科クリニック栗木安弘先生のブログ

かわい内科クリニック ブログ大阪府城東区、かわい内科クリニック川井勇一先生のブログ

むやスキンクリニック ブログ大阪府豊中市、むやスキンクリニック撫養宗信先生のブログ

Rie’s Room|半田醫院 理絵のブログ栃木県宇都宮市、半田醫院 半田理絵先生のブログ

ひめのともみクリニック東京都品川区、ひめのともみクリニック西澤真生先生のブログ

『TAKASHI KOBAYASHI . log』石川県金沢市、小林クリニック 小林貴先生のブログ

きさぬきクリニック 院長ブログ熊本県熊本市、シャワー通り きさぬきクリニック 木佐貫 浩一先生のブログ

陣内耳鼻咽喉科クリニック ブログ東京都渋谷区、陣内耳鼻咽喉科クリニック陣内賢先生のブログ

ケンズブログ神奈川県鎌倉市、柳川クリニック/神奈川県横浜市、みなとみらい ケンズクリニック 柳川健先生のブログ

青井医院ブログ岡山県玉野市、青井医院のブログ

Dr.溝口の栄養療法blog東京都新宿区、新宿溝口クリニック溝口徹先生のブログ

Dr.溝口のがん治療blog東京都新宿区、新宿溝口クリニック溝口徹先生のブログ

医師の皆様へ

株式会社MSS主催 医師向けオーソモレキュラー療法勉強会オーソモレキュラー療法の各種勉強会を上記にご用意しております