ビタミンAとは、主に動物性食品に含まれ、皮膚・粘膜・目の健康、動物の成長に関わるあぶらに溶ける(脂溶性)ビタミンです。

1930年代以降に視覚にレチノールが関係することがわかり、網膜という意味の「レチナ」が語源となって名付けられました。

緑黄色野菜に含まれるカロテノイドは、動物体内でビタミンAに変換することがいわれており、プロビタミンAともよばれます。

ビタミンAの種類

ビタミンAには、レチノール・レチナール・レチノイン酸の3種類があります。
視覚に働くのはレチナール、がんに働くのはレチノイン酸です。

ビタミンAの3つの種類

ビタミンAの吸収

ビタミンAはどのように吸収されるのでしょう。

みなさんが食べたビタミンAを含む食べ物は、まず胃で分解されます。その後、ビタミンAはあぶらと一緒に小腸上皮細胞で吸収されます。

ビタミンA吸収とタンパク質

ビタミンAの体内動態吸収されたビタミンAはタンパク質(レチノール結合タンパク質:RBP)とくっつき、そこにタンパク質のふた(トランスサイレチン)がかぶさって、血液にのって肝臓や他の場所まで厳重に運ばれ、いざというときに備えて貯められます。

せっかく摂ったビタミンAを体中に運び届けるために、十分なタンパク質を摂りましょう。

ビタミンAの働き

ビタミンAには、以下のような働きがあります。

働き 不足するとおきやすい症状
粘膜を守る(がんの予防)
  • のどや気管支を傷めやすい
  • ポリープができやすい
  • 胃腸が弱くなる
  • 婦人科系のトラブルが起こりやすい
  • 胃・子宮などのがんになりやすい
骨や皮膚のつくりかえに役立つ
  • 骨折しやすい
  • イボ・ウオノメができやすい
  • 毛髪・皮膚のうるおいがなくなる
  • 手やかかとがあれやすい
  • アレルギーになりやすい
視力のもとになる
  • 視力の低下
  • 夜間、ものが見えにくい
肝臓機能の正常化
  • 肝臓の繊維化(肝硬変)
IgA抗体をつくる
  • 感染症にかかりやすくなる

風邪予防の方法 ~粘膜とビタミンA~

風邪の予防法。やっかいな風邪を予防する方法として粘膜強化が有効です。

鼻腔の粘膜・粘液・線毛鼻や口、のどは外の世界とつながっているため、チリやほこり、ウイルスなどからからだを守らなければなりません。

そこで、のどの粘膜はほうきのような毛(線毛)で覆われ、1秒間に40~60回というすごいスピードでパタパタ動いて異物を追い払おうとしています。そしてその表面を粘液が覆っています。その粘液の材料がタンパク質とビタミンAです。

免疫を高めるビタミンCとともに、敵の浸入から身を守るためのタンパク質とビタミンAは必須の材料です。

ビタミンAの臨床応用への期待

ビタミンAは、以下の臨床応用も期待されています。

  • ニキビ、アトピー性皮膚炎、乾癬など
  • 皮膚の美容
  • 増殖性疾患への治療応用
    (アテローム性動脈硬化症、肝硬変、慢性関節リウマチなど)
  • 貧血の改善
  • 花粉症
  • 悪性腫瘍への応用など

ビタミンAを多く含む食品(1食当たり使用量と含有量)

ビタミンAは、動物性食品(レバー、牛乳、バター、チーズ、卵黄など)に多く含まれています。

食品 鶏レバー うなぎ バター
1食当たり
使用量
100g 蒲焼1/2尾分 大さじ1杯分
含有量 14000μgRE
(≒46667 IU)
1200μgRE
(≒4000 IU)
61μgRE
(≒203 IU)

もしかしてビタミンA不足?

肌のカサカサや眼の乾燥は、空気の乾燥やパソコンだけが原因ではないかもしれません。ビタミンAが不足すると意外な症状が出ます。ぜひご自身の状態をチェックしてみてください。

肌が乾燥する 眼が乾燥する(ドライアイ)
  肌がガサガサする   ピロリ菌に感染している
  イボやウオノメができやすい   風邪を引きやすい
  しわが気になる   夜盲症が気になる
  ニキビや吹き出物ができやすい   がん家系である
  アトピー性皮膚炎が気になる   婦人科のトラブルがある
(子宮内膜症・子宮筋腫)
  鼻の中が乾燥する

治療の実際と改善例

栄養素の説明

オーソモレキュラー
医師ブログ
オーソモレキュラー療法を実践されているドクターの方々のブログをご紹介

オーソモレキュラー.jpモールオーソモレキュラー.jpのオンラインショップ。わたしたちが独自に企画・開発した糖質制限食品・機能性食品を販売しています!

オーソモレキュラー.jpフェイスブックページ

ページトップ