食事と栄養素による自律神経失調症治療。自律神経失調症と診断された方へ、オーソモレキュラー療法では、まず生化学的な詳細な血液検査を行います。そして自律神経失調症と間違われやすい血糖調節異常を診断するための5時間糖負荷検査によって、症状だけではない客観的な診断を行う、新しい治療法をご提案いたします。

1.自律神経失調症とは(一般的解釈)

自律神経失調症は、自律神経がストレスなどにより正常に機能しないことによって起こるさまざまな症状の総称です。

自律神経失調症の症状としては、だるい、眠れない、疲れがとれない、頭痛、動悸・息切れ、めまい、のぼせ、立ちくらみ、下痢や便秘、冷えなどの不定愁訴があります。精神的症状として、情緒不安定、イライラや不安感、うつなどの症状が自律神経失調症で現れることもあります。

参考・引用:自律神経失調症|e-ヘルスネット(厚生労働省)

2.一般の自律神経失調症 診断と治療

「自律神経失調症」は、実のところよくわかっていないというのが正解です。
自律神経失調症と診断するには、まず検査で症状の似ている病気を除外します。それでも病気がわからない場合、自律神経失調症が疑われるため、問診や心理テスト、性格テストなどで診断をします1)

現在、一般の自律神経失調症の治療法としては、薬物やホルモン剤などによる対症療法、睡眠の周期を整える行動療法などがありますが、ストレスのコントロールと生活習慣の改善(規則的な睡眠と食事)が最も大切であるといわれています2)

参考・引用:
1)自律神経失調症(日本医師会HP)
2)自律神経失調症|e-ヘルスネット(厚生労働省)

3. オーソモレキュラー療法の自律神経失調症治療へのアプローチ

食事と栄養素による自律神経失調症治療。

詳細な血液検査に基づく最適な栄養素の選択と食事の見直し。

オーソモレキュラー療法の自律神経失調症治療へのアプローチでは、自律神経失調症に対して詳細な血液検査を行います。

自律神経失調症と診断されている方の中には、鉄不足、ビタミンB群不足、タンパク質不足、低コレステロール血症など、多くの栄養障害を伴っている方が多くいらっしゃいます。このような栄養障害がさまざまな症状の起因となっていることもあるのです。

自律神経失調症の根本治療を目指すオーソモレキュラー療法では、詳細な血液検査を行い、そのデータと症状から個々人に合った必要な栄養素を選択していきます。そして良質なタンパク質や脂質を中心とした食事内容にシフトし、日々生まれ変わる細胞の材料をしっかり入れることで、生き生きとした心身を取り戻します。

4.血糖調節異常・低血糖症と自律神経失調症

血糖調節異常である低血糖症の症状として、自律神経失調症と間違われやすいうつ症状やパニック症状を呈することも多くあります。血糖調節異常・低血糖症が原因である自律神経失調症の場合、血糖のコントロールのために良質なタンパク質や脂質を中心とした食事内容に改善し、並行して個々人に合ったテーラーメードの栄養素を補給する治療を行うことにより、多くの症状が改善し、薬剤の減量や中止を可能にする場合があります。

低血糖症チェックリスト

以下の項目の中で該当するものに○をつけてください。

1 甘いもの、スナック菓子、清涼飲料水をほぼ毎日摂る
  2 空腹感を感じ、おやつを食べることが多い
  3 夜中に目が覚めて、なにかを食べることがある
  4 夕方につよい眠気を感じたり、集中力が落ちる
  5 体重の増減が著しい
  6 体重が増えてきた、または痩せにくくなった
  7 イライラや不安感が、甘い物を摂ることでよくなったことがある
  8 頭痛、動悸、しびれなどが甘い物を摂ることでよくなったことがある
  9 安定剤や抗うつ剤を使用しても、あきらかな症状の改善がない
  10 血縁者に糖尿病の人がいる

※10項目のうち、3項目以上にチェックがついた人は、低血糖症かもしれません。低血糖症はさまざまな症状を起こす栄養のトラブルとなっています。

5.このような方はオーソモレキュラー療法実践クリニックへ

  • めまいや動悸、不安感、下痢や便秘を繰り返す方
  • 検査では全く問題ないとされ、自律神経失調症と診断された方
  • 自律神経失調症と診断されて薬を飲んでいるが一向に良くならない方
  • 自分の体調の不調の原因を探りたい方

自律神経失調症でこのようなお心当たりのある方は、ぜひ一度オーソモレキュラー療法実践クリニックにて詳細な血液データを調べてみてはいかがでしょうか?
(※ 低血糖症を判断する5時間糖負荷検査は、掲載された全てのオーソモレキュラー療法実践クリニックで実施されているものではありません。検査を希望される際には、事前にお電話などにて各医療機関へお確かめ下さい。)

食事と栄養素によるパニック障害の治療法。パニック障害と診断された方へ、生化学的で詳細な血液検査と、機能性低血糖症(血糖調節異常)を診断するための5時間糖負荷検査によって、パニック障害の症状だけではない、客観的な診断を行う新しい治療法をご提案いたします。

1.パニック障害とは(一般的解釈)

パニック障害は、女性の方が男性よりもかかりやすいといわれ、約100人に1~2人が発症するといわれています。パニック障害の症状では、突然胸が苦しくなり、鼓動が早くなり、汗が吹き出す、呼吸困難、めまい、吐き気、激しい不安に襲われるなどのパニック発作を何度も繰り返します。検査をしても内科的な異常はみつかりません。

またパニック障害では、パニック発作を繰り返すと「また発作が起きるのではないか」と不安を感じたり(予期不安)、「発作が起こったとき、そこから逃げられないのではないか」という苦手な場所ができ、その場所を避ける広場恐怖が日常で起こるようになってしまう人もいます。

参考・引用:「パニック障害・不安障害」みんなのメンタルヘルス(厚生労働省)

2.一般のパニック障害診断と治療

現在の日本におけるパニック障害の診断は、患者さんの訴えをもとにして、それに合う診断基準を探し、病名を診断する流れが主流です。パニック障害の診断基準マニュアルには「DSM-Ⅳ-TR」(アメリカ精神医学会が編集した精神疾患の分類と診断のマニュアルと基準)と「ICD-10」(WHOの国際疾病分類基準)が存在します。そしてこれらDSM-Ⅳ-TRとICD-10のどちらを採用するかは、病院や医師ごとの判断になっています。

一般的なパニック障害の治療法としては、薬物療法と認知行動療法が主流です。

3. オーソモレキュラー療法のパニック障害治療へのアプローチ

食事と栄養素によるパニック障害の治療法。

パニック障害と診断されている方の中には、栄養障害を伴っている方が多くいらっしゃいます。パニック障害の症状は、この栄養障害が神経症状の起因となっていることもあるのです。栄養障害の種類としては、鉄不足、ビタミンB群不足、タンパク質不足、低コレステロール血症などが挙げられます。

パニック障害の根本治療を目指すオーソモレキュラー療法では、詳細な血液検査を行い、そのデータと症状から栄養素の欠損を見抜き、個々人に合った必要な栄養素を選択していきます。そして血液データに基づいた個々人に最適な栄養素を摂取することで、多くの症状が改善し、薬剤の減量や中止を可能にする場合があります。

4.血糖調節異常・機能性低血糖症とパニック障害

パニック障害の症状は、血糖調節異常である機能性低血糖症のひとつ、反応性低血糖症の型を取る方々の中に呈することが多くあります。このようにパニック障害症状の原因が血糖調節異常である場合、まず血糖をコントロールするために良質なタンパク質や脂質中心の食事内容に改善します。そして食事を改善することに加え、ヘム鉄を中心とした栄養素補給による治療を行います。適切な血糖コントロールを行い、血液データに基づいた個々人に最適な栄養素を摂取することで、多くの症状が改善し、薬剤の減量や中止を可能にする場合があります。

低血糖症チェックリスト

以下の項目の中で該当するものに○をつけてください。

1 甘いもの、スナック菓子、清涼飲料水をほぼ毎日摂る
  2 空腹感を感じ、おやつを食べることが多い
  3 夜中に目が覚めて、なにかを食べることがある
  4 夕方につよい眠気を感じたり、集中力が落ちる
  5 体重の増減が著しい
  6 体重が増えてきた、または痩せにくくなった
  7 イライラや不安感が、甘い物を摂ることでよくなったことがある
  8 頭痛、動悸、しびれなどが甘い物を摂ることでよくなったことがある
  9 安定剤や抗うつ剤を使用しても、あきらかな症状の改善がない
  10 血縁者に糖尿病の人がいる

※10項目のうち、3項目以上にチェックがついた人は、低血糖症かもしれません。低血糖症はいちばんパニック障害に間違えられやすい栄養のトラブルとなっています。

5.このような方はオーソモレキュラー療法実践クリニックへ

  • 突然訪れる激しい動悸、胸痛、めまい、頭痛などの症状がある方
  • 自分が自分ではないような、非現実感にお悩みの方
  • パニック障害と診断されて、何種類かの薬を飲んでいるのに一向に良くならない方

パニック障害でこのような心当たりのある方はぜひ一度、オーソモレキュラー療法実践クリニックへご相談ください。
(※ 5時間糖負荷検査は、掲載された全てのオーソモレキュラー療法実践クリニックで実施されているものではありません。検査を希望される際には、事前にお電話などにて各医療機関へお確かめ下さい。)

食事と栄養素によるうつ病治療。うつ病と診断された方へ、生化学的で詳細な血液検査と、機能性低血糖症(血糖調節異常)を診断するための5時間糖負荷検査によって、うつ病の症状だけではない、客観的な診断を行う新しい治療法をご提案いたします。

1.うつ病とは(一般的解釈)

日本では、100人に3~7人という割合でうつ病を経験した人がいるといわれています。うつ病の代表的な症状である「ゆううつな気分」や「気持ちが重い」という抑うつ状態がある程度以上重症であるとき、うつ病と呼ばれます。

参考・引用:「うつ病」みんなのメンタルヘルス(厚生労働省)

2.一般のうつ病診断と治療

現在の日本におけるうつ病の診断は、患者さんの訴えをもとにして、それに合う診断基準を探し、病名を診断する流れが主流です。うつ病の診断基準マニュアルには「DSM-Ⅳ-TR」(アメリカ精神医学会が編集した精神疾患の分類と診断のマニュアルと基準)と「ICD-10」(WHOの国際疾病分類基準)が存在します。日本ではうつ病診断で主にDSM-Ⅳ-TRが高い評価を受けていますが、どちらを採用するかは病院や医師ごとの判断になっています。そして現在、うつ病の治療法は投薬が圧倒的主流となっています。

3. オーソモレキュラー療法のうつ病治療へのアプローチ

食事と栄養素によるうつ病の治療法。うつ病は、全身の栄養障害が神経症状の起因となっていることがあります。

例えばダイエット志向の若い女性に多く見られる栄養障害のひとつに、うつ症状を招く潜在的な鉄不足があります。「プチうつ」という言葉もありますが、うつ病と診断されている方の中に、多くの栄養障害を伴っている方々が少なからずいらっしゃるのです。

うつ症状を招く栄養障害の種類としては、例えば鉄不足、亜鉛不足、ビタミンB群不足、タンパク質不足、低コレステロール血症など、が挙げられます。

うつ病の根本治療を目指すオーソモレキュラー療法では、詳細な血液検査を行い、そのデータと症状から個々人に合った必要な栄養素を選択していきます。血液検査に基づいた適切な栄養素の補給によって、多くの症状が改善し、薬剤の減量や中止を可能にする場合があります。

4.血糖調節異常・機能性低血糖症とうつ病

血糖調節異常である機能性低血糖症の症状として、うつ症状を呈することも多くあります。機能性低血糖症が原因であるうつ病の場合、まず血糖をコントロールするために良質なタンパク質や脂質を中心とした食事内容に改善します。そして食事内容の改善と並行してヘム鉄や亜鉛、ビタミンB群、ナイアシンなどの栄養素を補給する治療を行います。血糖コントロールと適切な栄養素の補給によって多くの症状が改善し、薬剤の減量や中止を可能にする場合があります。

低血糖症チェックリスト

以下の項目の中で該当するものに○をつけてください。

1 甘いもの、スナック菓子、清涼飲料水をほぼ毎日摂る
  2 空腹感を感じ、おやつを食べることが多い
  3 夜中に目が覚めて、なにかを食べることがある
  4 夕方につよい眠気を感じたり、集中力が落ちる
  5 体重の増減が著しい
  6 体重が増えてきた、または痩せにくくなった
  7 イライラや不安感が、甘い物を摂ることでよくなったことがある
  8 頭痛、動悸、しびれなどが甘い物を摂ることでよくなったことがある
  9 安定剤や抗うつ剤を使用しても、あきらかな症状の改善がない
  10 血縁者に糖尿病の人がいる

※10項目のうち、3項目以上にチェックがついた人は、低血糖症かもしれません。低血糖症はいちばんうつに間違えられやすい栄養のトラブルとなっています。

5.甲状腺機能低下症とうつ病

また、甲状腺機能低下がうつ病の原因の場合もあります。この場合も、血液検査で甲状腺機能の状態を客観的にチェックすることが可能です。

6.このような方はオーソモレキュラー療法実践クリニックへ

  • 無気力で動くことが億劫な方
  • 身体がだるくて仕方ない方
  • 少し頑張ると体調を崩しまた自分を責める・・ そんな繰り返しの方
  • うつ病と診断されて、何種類かの薬を飲んでいるが一向に良くならない方

うつ病でこのような心当たりのある方は、ぜひ一度、オーソモレキュラー療法実践クリニックへご相談ください。
(※ 低血糖症を判断する5時間糖負荷検査は、掲載された全てのオーソモレキュラー療法実践クリニックで実施されているものではありません。検査を希望される際には、事前にお電話などにて各医療機関へお確かめ下さい。)

食事と栄養素による統合失調症治療。統合失調症と診断された方へ、生化学的で詳細な血液検査と、機能性低血糖症(血糖調節異常)を診断するための5時間糖負荷検査によって、統合失調症の症状だけではない、客観的な診断を行う新しい治療法をご提案いたします。

1.統合失調症とは(一般的解釈)

統合失調症は世界各国で100人に1人弱が罹患するといわれています。統合失調症は、脳のさまざまな働きをまとめることが難しくなるために、実際にないものをあるように感じる幻覚や自分の悪口が聞こえてくる幻聴、テレビやネットで自分の情報が流されているという妄想などの症状が起こる病気です。統合失調症の他の症状としては、身なりに全くかまわなくなったり、人付き合いを避けて引きこもることもあります。

参考・引用:「統合失調症」みんなのメンタルヘルス(厚生労働省)

2.一般の統合失調症診断と治療

統合失調症の診断は、本人または家族との問診を中心に進められます。そしてその問診をもとに病名が診断されます。統合失調症の診断基準マニュアルには「DSM-Ⅳ-TR」(アメリカ精神医学会が編集した精神疾患の分類と診断のマニュアルと基準)と「ICD-10」(WHOの国際疾病分類基準)が存在します。これらDSM-Ⅳ-TRとICD-10のどちらを採用するかは病院や医師ごとの判断になっています。そして現在、統合失調症治療の基本は、薬物療法と心理社会的な治療が両輪になっています。

3. オーソモレキュラー療法の統合失調症治療へのアプローチ

食事と栄養素による統合失調症治療。

統合失調症と診断されている方の中には、多くの栄養障害を伴っている方がいらっしゃいます。栄養障害の種類としては、ビタミンB群不足、タンパク質不足、低コレステロール血症などが挙げられます。このような栄養障害が統合失調症の神経症状の起因となっていることもあるのです。

そこで、オーソモレキュラー療法における統合失調症治療では、詳細な血液検査を行い、そのデータと症状から栄養素の欠損を見抜き、個々人に合った必要な栄養素を選択していきます。そして適切な食事と血液データによる最適な栄養素補給によって、多くの症状が改善し、薬剤の減量や中止を可能にする場合があります。

4.血糖調節異常・機能性低血糖症と統合失調症

血糖調節異常である機能性低血糖症のひとつ、反応性低血糖症の型を取る方々の中に、幻聴や幻覚などの統合失調症症状を呈することが多くあります。このように統合失調症症状の原因が血糖調節異常である場合、まず血糖をコントロールするために、良質なタンパク質や脂質中心の食事内容に改善します。そして食事で血糖をコントロールするとともに、ナイアシンを中心とした栄養素補給による治療を行います。適切な血糖コントロールと血液データによる個々人に合った最適な栄養素補給によって、多くの症状が改善し、薬剤の減量や中止を可能にする場合があります。

低血糖症チェックリスト

以下の項目の中で該当するものに○をつけてください。

1 甘いもの、スナック菓子、清涼飲料水をほぼ毎日摂る
  2 空腹感を感じ、おやつを食べることが多い
  3 夜中に目が覚めて、なにかを食べることがある
  4 夕方につよい眠気を感じたり、集中力が落ちる
  5 体重の増減が著しい
  6 体重が増えてきた、または痩せにくくなった
  7 イライラや不安感が、甘い物を摂ることでよくなったことがある
  8 頭痛、動悸、しびれなどが甘い物を摂ることでよくなったことがある
  9 安定剤や抗うつ剤を使用しても、あきらかな症状の改善がない
  10 血縁者に糖尿病の人がいる

※10項目のうち、3項目以上にチェックがついた人は、低血糖症かもしれません。低血糖症は統合失調症に間違えられやすい栄養のトラブルとなっています。

5.このような方はオーソモレキュラー療法実践クリニックへ

  • 多剤併用を止めて単剤にしたい
  • 薬の副作用を軽減させたい
  • 根本的に体を改善させて統合失調症の治療に取り組みたい
  • 体のだるさをなんとかしたい
  • 生活の質(QOL)を上げて元気に生活を送りたい

統合失調症治療で、このような心当りがございましたら、ぜひ一度、オーソモレキュラー療法実践クリニックへご相談ください。
(※ 低血糖症を判断する5時間糖負荷検査は、掲載された全てのオーソモレキュラー療法実践クリニックで実施されているものではありません。検査を希望される際には、事前にお電話などにて各医療機関へお確かめ下さい。)

治療の実際と改善例

栄養素の説明

オーソモレキュラー
医師ブログ・SNS
オーソモレキュラー栄養療法を実践されているドクターの方々のブログ・SNSをご紹介

オーソモレキュラー栄養医学研究所フェイスブックページ

オーソモレキュラー栄養医学研究所メールマガジンお申し込み

株式会社オーソモレキュラー.jpみんなの“欲しい”“行きたい”を形にする-株式会社オーソモレキュラー.jpのホームページです。わたしたちはオーソモレキュラー栄養療法をサポートします。

日本オーソモレキュラー医学会

ページトップ