ビタミンPとビタミンC

自然界ではビタミンCのそばには必ずビタミンPが存在します。

ビタミンPは フラボノイド(色素)の総称です。

ビタミンPとは何でしょう?

ビタミンPはフラボノイド(色素)の総称です。ルチンやヘスペリジン、ケルセチンなどのフラボノイドをあわせてビタミンPと呼びます。

ビタミンPは欠乏症が見つからなかったことから、ビタミンではなくビタミン様物質とよばれます。

ビタミンP(フラボノイド)の効能

ビタミンPは実にさまざまな効能が期待されています。ビタミンPはからだの中でいちばん細い血管(毛細血管)を強くする効能があるといわれています。

  • 毛細血管の強化
  • 血流改善効果
  • LDLコレステロールの低下
  • 抗アレルギー作用
  • 免疫力アップなど

ビタミンP(フラボノイド)を多く含む食品

ビタミンP(フラボノイド)は野菜や果物、ほかの食品に広く含まれています。

ビタミンP
(フラボノイド)
ヘスペリジン ルチン ケルセチン
ビタミンPを
多く含む食品
みかん、レモン、
グレープフルーツなど
の柑橘類
そば 赤ワイン、たまねぎ、
緑茶、りんごなど

治療の実際と改善例

栄養素の説明

オーソモレキュラー
医師ブログ
オーソモレキュラー栄養療法を実践されているドクターの方々のブログをご紹介

オーソモレキュラー.jpモールオーソモレキュラー.jpのオンラインショップ。わたしたちが独自に企画・開発した糖質制限食品・機能性食品を販売しています!

オーソモレキュラー.jpフェイスブックページ

オーソモレキュラー.jpメールマガジンお申し込み

ページトップ