血糖調節の乱れが、うつ病の原因になっている。
これは紛れもない事実です。もちろん、うつ病の原因は血糖調節の乱れだけではありませんが、うつ病と診断され、ドクターショッピングを繰り返して一向に良くならない方が、オーソモレキュラー栄養療法により、血糖コントロールができるようになり、改善するケースが実に多いのです。疲れやすい、気分が落ち込む、精神的に不安定になりがち、やる気がおきない・・などの症状も血糖調節の異常が潜んでいる場合があります。
 薬だけに頼る前に、ぜひ一度血糖調節に異常がないか、チェックをしてみて下さい。

5時間糖負荷検査について

低血糖症の判断に必要な5時間糖負荷検査

医師のあいだにも一般には低血糖症という病態は知られていません。血糖値は、厳密にコントロールされているため、インスリンの過剰な注射やインスリンを産生する腫瘍などの特殊な病態でなければ、血糖値が下がりすぎることは無いと理解されているからです。
そして低血糖症という言葉にも若干の問題があります。それは、低血糖症は血糖値が低くなる病気であると思われているからです。低血糖症とは、血糖のコントロールが不良になり適切な状態に維持できない病気であるということを理解する必要があります。

低血糖症は、5時間糖負荷の検査結果によって診断され、その結果によりそれぞれの病態の評価を行います。

低血糖症の診断と治療

血糖値は食事を摂る前後で大きく異なります。その血糖値の変動は個人によって大きな差があります。血糖値の変動によって自律神経が刺激されることは、動悸・頭痛・筋肉のこわばりなどの身体症状だけでなく、不安・恐れなどから時に幻聴や幻覚などの精神的な症状を引き起こすことがあります。

オーソモレキュラー.jpで紹介している医療機関の多くは、全国でもいち早くこの検査に取り組み、既に多く方々へ実績を残してきました。すでに心療内科や精神科へ通院中の方でも、この検査の結果から新しい角度からの治療が可能となり、症状の改善が得られることが多くあります。

うつ、パニック障害、統合失調症、慢性疲労症候群、睡眠時無呼吸症候群、不登校・・

これまで様々な疾患と低血糖症の関係について統合失調症、低血糖症、うつ病でお伝えしてきました。皆さまの辛い症状が血糖調節異常と関係しているかどうか、そのことを確かめることはその後の治療方針に大きな影響があります。投薬による治療だけでは解決できない根本的な問題の解決に繋がるのです。

治療の実際と改善例

栄養素の説明

オーソモレキュラー
医師ブログ
オーソモレキュラー栄養療法を実践されているドクターの方々のブログをご紹介

オーソモレキュラー.jpモールオーソモレキュラー.jpのオンラインショップ。わたしたちが独自に企画・開発した糖質制限食品・機能性食品を販売しています!

オーソモレキュラー.jpフェイスブックページ

オーソモレキュラー.jpメールマガジンお申し込み

ページトップ